ベビー用品などで赤ちゃんニコニコ|快適子育てNAVI

乳児湿疹の違い

乳児湿疹は皮膚科へ

生後1ヶ月頃から出てくる乳児湿疹。私には二人娘がいますが、一人目は乳児湿疹がひどく、二人目は軽かったです。同じ育て方をしているつもりなのに。一人目の時は自分の顔や頭の洗い方が悪かったのか、それともアトピー持ちなのかすごく心配でした。1ヶ月の小さな赤ちゃんに薬を使うのは心配でした。他のママに相談すると、小児科でも大丈夫だけど、皮膚のことならやはり皮膚科に行くのが安心と言われました。 子どもの医療費はありがたいことに今は無料です。診察も薬も無料です。ぜひ心配なことがあれば病院に足を運びましょう。 実際に上の子を連れて皮膚科に行くと、軽いステロイドを処方されましたが安心して使うことができました。乳児湿疹の症状は額や頭だけでなく、耳からも黄色い汁がジクジク出ていた娘でしたが、すぐに治りました。そして、アトピー持ちではと心配してましたが、このくらいの乳児湿疹ではたいしたことない、と安心させてくださいました。

対処法は

軽い乳児湿疹の場合、病気に行く必要はありません。びっくりするお母さんもいらっしゃると思いますが、自宅でもケアはできます。私が産院で教えてもらった自宅ケアの方法についてですが、入浴前にベビーオイルで固まった脂を柔らかくし、その後入浴するときに脂を落とすということです。この程度で治るような赤ちゃんなら乳児湿疹はひどくありません。 ベビーオイルを使って対策しても全くよくならない、耳からも額からもジクジク膿んだような黄色い汁が出てくるといった赤ちゃんはぜひ一度診察を受けてみてください。その赤ちゃんに一番効果的な薬を処方してくださいます。実際に私も始めはステロイドを使うのが怖かったですが、ずっと治らなかった乳児湿疹がすぐに治り、再発もしなかったので、早くケアしてあげればよかったと後悔しました。 自分のことを口で伝えられない赤ちゃんなのでママが代わりに症状や気持ちを読みとって、赤ちゃんが快適に過ごせるようなケアをしてあげましょう。